前へ
次へ

参列できない際の葬儀マナーとして弔電と香典を

朗報の知らせを受けたものの、お通夜にも告別式にも参列できない時の葬儀マナーとして、何もしないのは避けるようにします。
故人の人生はお葬式で最終の儀式を迎えるため、少しの無理を積んででも参列をしたほうがいいです。
とはいえライフスタイルも仕事も人それぞれですから、そうしても無理ならまずは弔電を打ちます。
自分の名刺を代理人に持参してもらい、参列をしてもらうのもひとつです。
身近な人が葬儀に参列をするなら、香典を一緒に持って行ってもらうようにします。
通夜もお葬式も遺族にとっては、悲しみの中にありながら大変忙しいです。
その状況を考慮して、葬儀マナーとして参列できなくても、電話をして行けないことを伝えたり、お悔やみを伝えるのは避けるようにします。
最初に弔電を打っておいて、後から現金書留を利用して、香典を送るようにしても構いません。
郵送で送る際に注意をしたいのは、宛名を故人の名前にしないことです。
宛先には喪主の名前を書くこと、もしくは親族名にします。

Page Top